元書記官詐取の判決書偽造で上司に厳重注意(産経新聞)

 京都家裁と地裁は26日、架空の判決書などの偽造書類を使い約7千万円を詐取したとして、詐欺罪に問われ懲役11年の有罪判決を受けた京都家裁元書記官の広田照彦被告(37)=懲戒免職=の指導監督が不十分だったとして、当時の上司だった西村則夫・元京都家裁所長(現・大阪高裁判事)ら3人を厳重注意処分としたと発表した。

【関連記事】
元家裁書記官詐欺事件で懲役11年の判決 さいたま地裁
AKB内ユニット、“握手券”の盗難&偽造で握手会中止
偽装タクシー御用!ドア自動開閉できず、プレートも手作り
「法の番人にだまされた」元書記官の詐欺事件で被害者 さいたま地裁
供託金7千万円詐取の元家裁書記官、自首成立を主張 さいたま地裁

小6いじめ自殺で和解=道、市が遺族に謝罪−条項に再発防止策も・札幌地裁(時事通信)
<遺体解剖>別人と取り違える 東京都監察医務院(毎日新聞)
定期健診の「有所見率」改善で過労死予防をー厚労省(医療介護CBニュース)
【人】警視庁捜査1課長に就任 若松敏弘さん(57)(産経新聞)
自衛官自殺偽装で5人起訴=元保険会社の妻が殺害依頼−仙台地検(時事通信)
[PR]
by ruwd45eoel | 2010-03-29 13:13