インフルワクチンを過大評価=母親の9割、正しく理解せず−民間調査(時事通信)

 インフルエンザワクチンの幼児への効果について、高校生以下の子供を持つ母親の9割が正しく理解せず、半数以上が過大に評価していることが、コンサルティング会社「フライシュマン・ヒラード・ジャパン」(東京)の調査で分かった。
 同社は今月8〜10日、全国の24〜54歳の母親500人を対象にインターネットを通じて調査した。
 厚生労働省はワクチンが発病を防ぐ効果は、1〜5歳の子供では「20〜30%」としているが、500人のうち正しく回答したのは全体の3%に当たる15人だけ。57%は「5割以上防げる」などと過大に評価し、「分からない」とした人も36%に上った。
 また、今回の新型インフルエンザが豚由来だと理解している人は59%にとどまり、「分からない」が25%、「鳥由来」と答えた人も15%いた。 

「やったぞ」地元沸く…長島「銀」・加藤「銅」(読売新聞)
<宇高航路>3月廃止 100年の歴史に幕(毎日新聞)
メディカルアライアンスの格付け据え置き―JCR(医療介護CBニュース)
刑務官殴りけが負わす=30代受刑者を書類送検−北海道・帯広(時事通信)
<特別背任容疑>パチンコ大当たり台を教え損害 元店員逮捕(毎日新聞)
[PR]
by ruwd45eoel | 2010-02-20 14:12