光琳「紅白梅図屏風」 金箔、再調査で検出(産経新聞)

 金箔(きんぱく)や銀箔を使わずに描かれたとされ話題になった、尾形光琳作の国宝「紅白梅図屏風(びょうぶ)」を再調査したところ、金箔が検出されたことが14日分かった。美術史の常識を覆したかに見えた光琳の代表作をめぐり、今後論議を呼びそうだ。

 所蔵元のMOA美術館(静岡県熱海市)が、これまでとは異なる中井泉・東京理科大教授(分析化学)らに調査を依頼。原子の結晶構造をエックス線回折で測定した結果、画面の5カ所すべてで金箔と同一の結晶面を検出したという。

国保法等改正案など閣議決定―政府(医療介護CBニュース)
再診料下げ「経営を危惧」=診療報酬改定で−日医副会長(時事通信)
自殺の容疑者を書類送検=離婚めぐり夫婦間で対立−居酒屋発砲事件・大阪府警(時事通信)
<自民党>参院選めぐり17県連が公募実施…10人決定(毎日新聞)
トヨタ プリウス改修 名古屋の販売店でも開始(毎日新聞)
[PR]
by ruwd45eoel | 2010-02-16 14:20